2014年8月26日

余った夏野菜はピクルスに

今日のランチは生野菜たっぷりサブウェイでした。サンドイッチが食べたいときはコンビニのお上品なサンドイッチよりも具材がはみ出ているサブウェイのサンドイッチがお気に入り。「野菜多めで」も毎回のようにお願いしています。

サブウェイに入ると、壁一面に野菜をモチーフにしてイラストが掲げられているのが目に入ります。
タマネギ、ピーマン、オリーブ、レタス、キュウリ...

ん?キュウリ...?キュウリなんて入ってたっけ?と思いましたが、入ってました、ちゃんと。

そう、ピクルスです。
お漬け物が食べられない私でも食べられる漬け物が梅干しとピクルス。

サブウェイではキュウリのピクルスですが人参でもタマネギでもなんでもお酢・砂糖(変わり種としてウスターソースやコンソメなども!)に漬けるだけでピクルスとして美味しく頂けるので、野菜がどうしても消費できないときなどに重宝しています。

栄養素という面では新鮮な野菜には及びませんが、一般的なお漬け物に比べると塩分も低いですし、当然のことながらほかの「おつまみ」や「飯の種」に比べればはるかに低カロリーです。

もし、夏野菜が消費しきれずに余っているという人は、思い切って全部ピクルスにしてしまい、もうワンシーズンくらい味を楽しませてもらうのはどうでしょうか。
ピクルスのレシピはクックパッドなどでたくさんあるので、ぜひ挑戦してみてください。

ポートフォリオ