2014年9月22日

野菜とはちょっと話がズレますが、

昨日は友人のライブに遊びに行ってきました。残念ながら雨だったけど、久々の下北沢は賑やかで個性的な人&お店がたくさん。
ライブ自体は身内の多いアットホームな会だったのですが、なぜか北海道にゆかりのある人が多く、肌寒かったこともあってか途中から「ジンギスカン食べたい」が合い言葉(?)に。

そんなことを言われたら、北海道に行ったことはあってもジンギスカンを食べたことがない私でも食べたくなってしまいます。
ちなみに私は、ジンギスカンと言えば、ラム肉と野菜を山形の鍋で焼くんだよね...くらいの知識しかありません。
ラム肉なんて普通のスーパーの精肉コーナーでも見たことがないし、お店や牧場で食べる??

よく考えればジンギスカンについて何も知らない自分に気づいたので、ちょっとリサーチしてみました^^

まずその名前からして想像されるのはモンゴルの「チンギス・ハン」ですが特にモンゴルの料理と似ているとか、由来しているとかいう歴史的な事実はないそうです。
そして味。ラム肉って臭みが気になる人も多いからてっきりスパイスなどを多様するのかと思いきや、醤油ベースにニンニクやショウガを使ったけっこう和風そうな味です。焼き肉のタレを想像すればいいのでしょうか。

本家はもちろん北海道、なのになぜか長野に「信州新町ジンギスカン街道」というジンギスカン店の並ぶ通りがあるとか。
東京でももちろん食べることができます。いずれにしても家庭できる料理ではなさそうですが^^;
まずラム肉の入手が大変ですからね...。

やっぱり私は本場北海道で食べたいので、北海道旅行でも計画しようかな〜

ポートフォリオ