« 無農薬野菜を定期的に購入したければ | ホーム | 夏の終わりにズッキーニを食べました。 »

2013年7月 8日

アーリーオニオン(生色用赤タマネギ)のお話

スポンサードリンク

さらし玉ねぎの季節ですね。
どんな季節だ!とつっこまれそうですが、実家で作る「赤玉ねぎ」が豊作になる季節なんです。

akataanegi.jpg

赤玉ねぎ、東京のスーパーではあまりみかけませんが、オシャレなレストランなどで、サラダの色どりに使用されていることが多いです。

そんな赤玉ねぎが実家からドッサリ届き、嬉しい半面、どうしよう...と困っています。
せっかく色どりの美しい野菜なので、凝ったお料理でも作りたいのですが、結局いつもスライスして、水にさらして、ドレッシングで食べてしまう...。

買うと高いのでしょうが、わが家では既に「ドレッシングを味わうための野菜」みたいな扱いになっています。

玉ねぎを生で食べるのは、一見辛そうに思えますが、包丁ではなくスライサーで十分薄くスライスし、水にしっかりさらせば、辛みはほとんどなくなります。
(水は流水でなくても大丈夫です。)

水にさらした瞬間に、玉ねぎの白い汁が水中に広がるのがおそらく辛み成分なのでしょうね。
一緒に栄養成分も流れ出ているに違いないので、必ずしもヘルシー料理とは言えませんが...。

なお、さらした後には十分水気を絞りましょう。
びちゃびちゃのままだとドレッシングが薄まってしまいます。

水分を絞った状態で、冷やし中華や冷やしうどんの具材にしても美味しいですよ^^

ちなみに、中原中也はさらした玉ねぎに醤油をかけて食べるのが好きだったようです。
醤油だけでも美味しいけど、花かつおもあれば、さらにいいかも。。

コメントする

ポートフォリオ